号漫浪正大

輪るピングドラム ~物語を見直す

小津安二郎

小津の考察

小津安二郎の考察です。 カメラアングルについて。 イマジナリーラインについて。 そこから「ゴジラー1.0」の事に付いて、また文句も。 おまけで「お早よう」を見たので、その簡単な考察。 カメラの事です。Wikiによると、「小津の特徴として、ローアング…

来たぜ、小津安二郎!

「鎌倉で安らかに眠らさねえからな!」 映画「秋刀魚の味」考察です。 謎のハイテンションでお送りしております。 しかし小津安二郎は1903年生まれ。「天井桟敷の人々」のマルセル・カルネ(1906年生まれ)や、フェリーニ(1920年生まれ)よりも…

あの時代 そして現代に連なる呪い

小津安二郎の映画「東京物語」みました。ただの感想です。 ちょっと前に見て、書こうと思ったが、頭痛くて(風邪かな?)書く気にならなかったので、youtubeで検索したら山田玲司さんのが出てきましたので、見ました。 それにそれを見たからか、youtubeのお…

壺など、どうでもいい

小津安二郎監督の映画「晩春」見ました。感想です。 「過去の名作見ないとなあ」とずっと前から漠然と思っているのだが、おっくうで見てられない。 何気に小津安二郎の「晩春」には「壺のカット論争」なるものがあるとネットでみて、「面白そうだ」と思えた…