号漫浪正大

輪るピングドラム ~物語を見直す

実写の物語

ゲームの勝ち負けだけは、はっきりしてた話

1961年の映画「去年マリエンバートで」見ました。 感想、ネタバレです。 眠れない夜には丁度いい作品かもしれません。 ただ、夢でうなされそうだけど……。 とにかく見終わってみても、何をやりたかったのか分からないので、諦めてネットで調べました。 毎…

ドイツ帝国、内閣の野望

1920年にドイツで公開の映画「カリガリ博士」考察です。ネタバレです。 実相寺さんの遺作「シルバー假面」でもカリガリ博士のオマージュでしたが、この作品の名前はちょくちょく出てきます。 そして寺山修司さんも、どこかでこの名を上げたようだったの…

サクラメント

フェリーニの映画「8 1/2」、考察、ネタバレです。 (アニメ「ユリ熊嵐」のネタバレ、少し含みます) ゴダールと検索すると、よく出てくる名前が、トリュフォーとフェリーニでした。 トリュフォーはゴダールと喧嘩別れしたようで、ゴダールが良かっただけに…

ヌーヴェルバーグ

ゴダール監督の映画「気狂いピエロ」見ました。1965年の映画です。 感想、ネタバレです。 時代的に、寺山修司も見て、参考にしたろうと思います。 ゴダール監督が亡くなったそうです。 いや、逆にまだ生きてたんだ。 私は映画通でもなんでもなく、そもそ…

御家の話

アメリカのファンタジードラマ「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」を3話まで見ました。 感想、ネタバレです。 「ロードオブザリング 力の指輪」の感想で、ちらほら出て来たのがこのドラマです。 この名前を出す人は大抵、こっちの方が良いと言ってました。 まあ…

犯罪者にしたのはアメリカ

映画「ランボー」見なおしました。 思い出すと、良く出来てたのじゃないのかな? とずっと思っていたランボーを、やっと見直しました。 見直すと、大枠はやはり良く出来てます。 しかしシナリオの細かな所が練れてなく残念です。 それに、アクションが今のレ…

力の指輪 2話までの感想

アマゾンプライムで「ロードオブザリング 力の指輪」見ました。 ちょっとした感想、ネタバレです。 今は2話まで出てますので、そこまでの感想です。 アマゾンのオリジナル作品で、まあ金がかかってる事。すばらしいですね。かけれるのがね。 普通に面白いで…

勝ち負けとは?

映画「ロッキー」見ました。始めから最後までちゃんと見たのは、始めてでした。 幾原邦彦監督が最近「ロッキー」にはまっていると、何処かで言ってました。 「なんで今更ロッキーやねん」とエセ関西弁で突っ込みそうになりましたが、先祖返りかな? とも感じ…

終わっている事に、気が付かせてくれた映画

やばい国ですね。 2021年の日本の映画「キャラクター」見ました。菅田将暉が主演の奴です。 私は、この国の映画はもうダメだと思ってました。 それは金もないし、アイデアもないし、やる気もないからです。 そうは言っても、たまに「カメラを止めるな」…

栄光の赤きヒトデは一度死にました、が……。

アマゾンプライムビデオで出て来た映画「エヴォリューション」見ました。 考察です。書く事はほんの少しです。 「エコール」を見てちょっと気になってた事があり、同じフランス映画と言う事で「エヴォリューション」を見たのですが、監督同じじゃないかい。 …

ロリコン映画と思ったでしょ? その通りです。

映画「エコール」見ました。感想です。ネタバレです。 アマゾンプライムで出てきて「これ大丈夫なのか?」と思った作品です。 普通はサムネイル詐欺みたく、サムネはやばそうだけど、中身はそれほどでもないものです。 しかし中身の方がやばいですね。 どう…

BUTMAN

映画「THE BATMAN」見ました。感想、ネタバレです。 三時間弱の映画を止めずに(ネットなので)見てられるのだから、面白かったのだと思います。 私はダークナイトを見た時に「バットマンとはこういう風に描くのが正解だ」と思いました。 物語には(大体の)…

いくつかの映画の感想 2

長く話す内容もない映画の感想をまとめて言います。ネタバレです。 「ブラック・ウィドウ」 「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」 「スーパー!」 「ファーゴ」 「ブラック・ウィドウ」 マーベル作品です…

いくつかの映画の感想 1

長く話す事もない実写映画を、まとめて感想を言います。ネタバレ含みます。 「Mr.ノーバディ」 「ジャンクヘッド」 「特捜部Q 檻の中の女」 「ゴジラ対ヘドラ」 「ロストハイウェイ」 です。 「Mr.ノーバディ」 いわゆる「弱そうなのに、実はすごい人が、悪…

誰がサンディーを殺したか?

映画「ラストナイトインソーホー」見ました。 感想、ネタバレです。 実は大して言いたい事もない話です。 始めの方はよく出来てますね。絵的に見せるのが(魅せるのが)とても上手いです。 お金もかかっているし、妙に力が入っています。 サンディーが出てき…

ラビリンスを抜けるのに何年かかったのか? と言うお話。

映画「パンズラビリンス」感想です。ネタバレです。 「シェイプオブウォーター」のデルトロ監督作ですね。2006年です。 始めは「絵が綺麗」だし「金かかっている」し「設定が上手いな」と思い見てました。 ただ、段々鬱陶しくなってくる物語でしたね。 …

シルバーシート

実写「シルバー假面」見ました。感想です。 三部作の一作目だけです。 実相寺昭雄さんの遺作が、この「シルバー假面」の一部になるそうです。 佐々木守さんの遺稿を元に制作された、とあります。 まあ見てみると、チャちくてチープでつまらない話です。 これ…

Don't be in the Dark

映画「ドニー・ダーコ」を、かなり前に見ました。 あいまいな考察です。勘弁です。 ずっと考えているが、今一パッとしない。 そもそもアメリカの事なので、日本人だと無理じゃ無いのかな? 英語も分からないし。 と言う訳で、あいまいな考察程度で良かったら…

RE:cycle of the ULTRAMAN

映画「シン・ウルトラマン」見ました。感想、ネタバレです。 大して言う事もないですが。 (追加として、後半ピンドラ関連足しました) wikiによると「ウルトラマンのリブートである」と書いてあります。 そうですね。リブートでした。 どうも始めは円谷から…

続きは2で!

映画「フリーガイ」見ました。 感想、考察です。ネタバレです。 面白いですね。よく出来てます。 一般的な感想を見ると好評だったので、良い所は誰かが言ってくれるでしょう。 だから悪い所を言おうかと思います。 後半と言うか、オチと言うか、最後が今一で…

黒 プリンセス 白

現代のディズニー映画としたら、ほぼ完璧な作品じゃなかろうか? 映画「クルエラ」感想です。ネタバレです。 私が言うディズニー映画とは「子供から大人まで、家族皆で楽しめる映画」と言う意味です。 元は「101匹ワンちゃん」と言う物語の悪役がクルエラ…

一見、美しい戦争

映画「ダンケルク」感想です。ネタバレです。 クリスファーノーラン監督ですね。とてもノーランらしい映画でした。 なんとなく雰囲気で押してくる映画であり、だからかあまりセリフを言わない。 それに時間軸をいじくり、どの時間、どの場面なのかを分かりに…

何のクラブ?

映画「台風クラブ」考察です。 アマゾンプライムで出てきて、ちょっと気になりました。 皆の感想を見たらもっと気になりました。 映画会社、アートシアターギルドが係わっています。これも気になる。 なのでwikiで調べたら、「セーラー服と機関銃」の監督で…

ヒーロー映画の作りが1984年

映画「ワンダーウーマン 1984」感想です。ネタバレです。 悪くはない。筈なんだけど、粗いのかな? 物語も、アクションも。 始めにワンダーウーマンが強盗を捕まえる所でもう「あれ?」と思える。 何か下手なんだよね。 アクションも見せ方もCGさえも…

Trio

まだ書く事があるのが「田園に死す」。 もう書く事もないだろうと思ってもまだあるのは、その後を継いだ「エヴァ」と「ピンドラ」にも通じるものがありますね。 映画「田園に死す」の始めの方の出て来るチェロを弾く男。 この男が「セロ弾きのゴーシュ」だと…

勝者はいたのか?

寺山修司監督、映画「ボクサー」感想です。 寺山さん唯一のメジャー配給会社からの映画だそうです。東映ですね。 ボクシング好きな寺山さんが、菅原文太さんに監督するかと聞かれてすぐOKしてしまったようです。 寺山さんは明日のジョーの主題歌の作詞をして…

一分の物語

ポカリスエットのCM「でも君が見えた」編の事を書きます。 放送されてから一か月くらい経ちました。なぜ今頃かと言うと、書くのを忘れてました。Youtubeに出てるので、もし見て無い方はみて下さい。 とにかく良く出来てますね。 まず廊下を歩くヒロイン。学…

さらば孤独

孤独ではあっただろうとは、思っていましたが。 寺山修司監督、映画「さらば箱舟」です。 寺山修司の最後の映画。 この頃は体がかなり悪く、それをおして作っていたようです。 そして「箱舟」とくれば、大体は何をやりたいのか見る前から分かる訳です。 この…

北風と太陽

1971年の映画です。 北からの風が、とても強い時代でしたね。 寺山修司監督、映画「書を捨てよ町へ出よう」。考察です。 まいったね。この映画を半世紀も放って置いた、多くの日本人は何をしてたのか? だから私は、何も考えずに来たこの頃の若者、団塊…

水の形は無限です

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」感想、ネタバレです。 この作品は「みにくいアヒルの子」ですね。 アヒルではなく白鳥だった、と言う物語なので分かりにくくなっていますが、大事なのは「自分の居場所があり、仲間がいた」と言う事です。 つまり白鳥でな…