号漫浪正大

輪るピングドラム ~物語を見直す

人の気持は聴こえない。聞こえたのは自分の気持です。

書籍「ひとの気持が聴こえたら」

ジョン・エルダー・ロビソン著

感想です。

この本自体ではなく、そこから思い出された感想も言います。

 

ネットで岡田斗司夫さんがこの本の事を言ってたので、興味があり読みました。

副題が「私のアスペルガー治療記」とあり、これが全てを物語っています。ノンフィクションです。

 

まず大事な事は、私は素人です。注意です。

それがこの本を見て「こうかもな?」と思えた事を書きます。

その程度の内容だと思って下さい。

これから書く内容よりも「そうかもしれない」「違うと思う」と自分で考え、調べる事が大事だと思います。

考える土台になれば良いと思い書きます。

 

アスペルガー症候群と診断された著者が、TMS「経頭蓋磁気刺激」(けいとうがいじきしげき)を受け、気が付いた事、得られた物、失った物をふまえた、数年の人生の記録と言う内容です。

 

wikiによると「自閉症スペクトラム障害」の中で知能障害、言語障害を伴わないグループを「アスペルガー症候群」と呼ぶそうです。

特徴として「他人の情緒を理解する事が困難」「言外の意味を理解する事が困難(皮肉等)」があるようです。

そしてこの著者もそうでしたが、アスペルガー症候群の中では「人の顔を認識でない」人がいるようです。

 

この著者が大学付属病院の実験により、磁気刺激を脳に与える訳になる話です。

(この方法は読んでもはっきり分らないのですが、たぶん)「脳のある部分の機能を低下させる」様に働かせるそうです。

脳のある部分を向上させるのは何かと危険かもしれないが、低下させる事は一時的に眠らせるようなもので、危険度が少ないのだと思います。

ここが面白く、色々分かってくる部分です。

まず、一部分を低下させる事により、他の部分が活性化されると言う事です。

例えば、水が流れる道があり、右と左に分かれていたとする。この右の方が道が広く、左はかなり狭かったとすると、ほぼ水は右に流れる訳です。

しかしここで右を閉じてしまう。そうすると水が左に全て流れ始めると言う訳です。

そうすると今まで左にはほぼ水が流れた事など無かったのに、流れてそのあたりの機能が初めて活性化すると言う事です。

それが実際には水ではなく、脳では電気と言う事になります。

 

この著者は一時的にせよTMSの影響で、この今まで流れなかった所に電気が流れ「人の感情が読み取れたり、言外の意味を理解したり出来るようになった」と言う事です。

つまり(この人の場合は)少なくとも「道が無かった」のでは無いと言う事です。

そして言外の意味を読み取るような機能も、元々あったと言う事です。

ただ多くの人だったら電気が多く流れる所に「流れにくかっただけ」と言う事になるのです。

(この人の場合は)と私が付けたのは、道が無い人もいるかもしれないと言う事です。機能が無い人もいるかもしれません。

しかし、たぶんですが、ただの「流れる電気の量の問題」の人の方が多い筈です。病気とかで生まれつき心臓に病気がある人の方が、心臓が無い人より多い筈だからです。

もちろんこの「流れにくいだけ」でも問題は大きいのは分かります。例えば、血液が流れにくいだけで人が死んだりするのですから「流れにくいだけ」を軽くは見てはいけないとは思います。

しかし可能性があるのは分かる。無いのではなく、流れの問題なら、解決できる可能性があると言う事です。

そして一時的にせよ、著者の脳の流れを改善させたのがTMSと言う事です。

 

自閉症スペクトラム障害」の一定数、もしくはほとんどがこの流れが悪いと言う事になります。

そしてこれは「発達障害」だと言う事です。

なるほど、確かに「自閉症スペクトラム障害」の人は「アスペルガー症候群」の様に知能が高い人ばかりではない。

知能が低い人もいて、その人にとっては「障害」だとしか思えない事でしょう(周りの人がね)。

しかし、この著者の様にある事に対しての知能が高い人もいます。この本では過去の有名人でそうだったろうと思える人がいて(アインシュタインとか)、その人が科学者とかになったおかげで世界に貢献できた、と言いたいようです。確かに一理はあります。

たぶんですが、さっきの水の例でもう一度言うと「流れない所がある」と言う事は、逆に「多く流れる所もある」と言う事です。だから脳の一部の所が発達するのかと思います。

つまり一部の能力が発達した人が出て来ると言う事ですが、これには二つの意味があります。

一つは、しかし多くは無いと言う事です。つまり種としての人間にとって、少数の一部に長けた人は人類に貢献できるが、多くいるとまずいだろうと言う事です。

二つ目は、しかしある一定数は必ずいる、と言う事です。50分の一から100分の一位の確率で自閉症スペクトラム障害の人はいるようです。もちろんそれぞれ程度はあるでしょうけど。つまりこの位はいた方が良いだろうと言う意味になります。あくまで結果から生じた確率ですが、この確率でいると言う事は、この位はいた方が良いと言う事にも取れます。

そうなると、これは「障害」のあたるのか? と言う問題にもなります。一部が長けている人ならアスペルガーでも、それは人類にとっても必要だった、と言う事にもとれるのです。

 

ちなみに、だからこそ私には「一部の流れが悪い」と言うのが納得するのです。

ある一定数必要で、だからある一定数は出て来る種類の人だったとするのなら、それは出やすくなければならない。

出やすいと言う事は「大きな遺伝的変化ではない筈だ」と言う事です。

だからほんの少しの遺伝子の違いから生じる事であり、だからこそ良く出て来るのです。

これが大きな変化なら100分の一よりもっと出やすくないばかりか、他の健康上の問題も出やすくなります。生まれつき心臓が悪い等の病気も出やすくなるでしょう。

しかしそれは無く、アスペルガー症候群がある一定数出て来るのなら、それはほんの少しの変化だと思ったので「流れの問題」と言うのに納得した話です。

 

これは進化とか退化と言われるものに近いと言う事です。

巻貝は始めは長い真っ直ぐな貝だったようです。しかしほんの少しの遺伝子の変化だけで、あの見事な巻貝が出来上がると聞いた事があります。

進化が偶然な変化から生じるのなら、それは少しの変化の可能性が高いのです。さっきも言った様に大きな変化は他の健康上の問題も出てきやすくなるからです。

そして「その小さな変化が、結果として大きな変化に繋がる」と言う事の方が、進化の過程では多い事でしょう。

そして退化の事ですが、これは近年では進化と同じ意味だと言われているそうです。ヘビの足が退化して無くなった事は、良くなった変化ですね。だから退化も進化と同じ「より環境に対応した変化」だと言う事です。

そしてアスペルガー症候群の「脳の一部が発達しなくて流れが悪いが、その分他の所に流れるのが多くなるので、ある分野で大きな結果を残す」と言うのは、退化と同じ変化だと思えるのです。

 

さて、人には他の多くの動物と違う所があります。

それは群れで暮らす事です。しかも分野でやる仕事が別れていて、一個の事をやっても全体として上手く行けば生きて行ける動物だと言う事です。

これは同じ群れる動物、牛とか象とかとは違います。これらはほぼ同じ事をやる動物が群れてるだけです。

そうなると「一部が発達した単体」が生き残れると言う事ですし、それは全体としたらその群れ事態に恩恵をもたらすだろう、と言う事です。

そう考えると、アスペルガー症候群も群れる人にとっては、少数だがある一定数はいると良いだろう、と言う進化の過程から生まれた進化かも知れないと言う事です。

ちなみに、動物は見かけないけど虫はいますね。ハチとかアリです。あれは働きアリとか仕事が分かれているのがいます。あれも特化したのがいるので、同じような進化なのかもしれません。

 

ちょっと話がずれますが、どの位の確率で個体として、生きて行けないほどはずれてしまった単体が出て来るか? です。

10代半ばから子供が作れたとして、30歳位までには少なくとも10人は作れる事でしょう。

父母二人から生まれたのが10人だとしたら、その種族が存続する為にはその中の2人が残れば良いと言う事になります。つまり5分の1です。

5分の4が生き残れなくても良い事になりますが、そう簡単な事では無いですね。しかし5人の中の一人が生まれつき病気を持っていて長く生きられなくても、種として成り立ちそうだと思えませんか?

自閉症スペクトラムでも、優れた人ばかりではないですね。それに他の遺伝的な影響の病気もすべて含まれると、結構な確率で生まれつき病気な人がいる気がしてました。

変異がまるっきり無いと、種として何かあった時に対応できない。温暖化寒冷化等の大きな環境の変化です。だからある程度の変異は出る様になっているとしたら、思ったより高確率で生存自体が危うい個体が生まれてくるようになってるのかもな? と思えてきました。

この変化を促すための人の種としての作りは、今となったらマイナスだけですね。

 

そして人は40歳にもなれば孫も出来ます。今は違うけど昔はそうだった事でしょう。

つまり信長が言った様に人生50年もあれば後は死んでも良いのです。種としての人だとそうなります。

だとしてら、60過ぎだと癌で亡くなる人が増えて来る事も仕方がない。それ以上生きている事が種として必要だったら癌になりにくい体に進化してた筈です。象みたいに。しかしなって無いのは、もう60にもなれば孫も大きくなって来ていて、種として必要が無いからそうなってはいないのでしょう。

これも今の人類にとったらマイナスなだけですね。しかし元々の種としての進化の過程を考えると、そうなっている意味が分かります。

 

さて、更に仮説ですが、生き物はある時急に進化が起きる様に見えるそうです。化石などを見るとそうなります。

生き物の中には餌が亡くなるとオスとメスで子供を産むのがいるようです。つまり餌があり変化が必要無い時は自分一人で子供を産み、遺伝的変化がいらないが、環境があやしくなった時には、自分らの変化を促すためにオスメスで生むようにすると進化した奴がいるようです。

では哺乳類等はどうなのか? 環境が怪しくなり数が減ると、近親相姦率が上がる気がします。

そうすると偏った変化が大きく出るのでは無いのか? と思っています。体が大きな個体の家族からは、更に大きな子供が生まれやすくなるのでは無いのか? と言う事です。

環境が変化しない時は、今と同じ体の大きさで良いのです。しかし環境が変わったのだから体も大きくしたり、小さくしたり、変化が必要です。それを促すのが近親相姦だった気もします。別に親子などではなくても、親戚でもいいですよ。

ただそうすると、病気などの問題も出やすかったと思います。しかしさっき言った様に5人の内1人が生き残れば良いと言うのなら話は変わります。

例え5人中2人位に先天性の病気があったとしても、種としては残れる。それよりも急激な体の適応の方が大事になる。というか、大事になるような時だからこその状態なので、最後に生き残る無理をするのでしょう。

そしてだからこそ今の時代には近親相姦が合わないのも分かります。今は子供の5人に1人に先天的な病気があったらたまったものじゃないですよね? だからダメなのです。

 

さてせっかくなでもっとずれた話をします。ただの私の仮定です。

小さな変化があり、それが大きな進化に繋がると言いました。

アジア人は小柄で童顔ですね。どうやってそうなったのか?

ロリコンじゃないのかな? と思っています。

そもそもが人はサルの様な生き物から進化したのに毛もないですね。顔もサルと比べると目が大きくおでこが広く童顔です。背筋が真っすぐです。そして頭がでかい。これらは子供の特徴です。これはネオテニーと言われ、人はサルから子供の様な状態を、大人になっても残る様に進化したと言わています。だから頭がでかく、頭が良いのです。

そこから更にアジアに向かう種族の中からロリコン族が多く残り、今のアジア人になった気がします。

たぶんですが、アジアの方がロリコンが多い気がします。もしそうなら遺伝ですね。

もちろん本当のロリコンはダメです。子供が作れないから意味が無い。

しかし大人なのに子供っぽい顔を好むのなら、話が分かると思います。

これは男だけではなく女の人にとってもです。子供っぽい人、童顔な人、中性的に見える人、が結構日本では好まれていると思います。これも同じです。より子供っぽいのを好きになる遺伝ですね。

ちょっと危ない内容なので誰も言わないので、私が言いました。だけどあくまで子供っぽい人を好む、と言う事です。

でもそうなら童顔キャラがいるアニメや漫画が日本発祥なのは理にかなってると言う事になります。

 

さて話を戻し、アスペルガーの事です。

サイコパスの人とアスペルガーの人は違うらしいです。

何が違うのかは良く分かりませんでしたが、脳の動きを調べると違うのかもしれなせんね。

ただ今現在において、サイコパスと呼ばれている人の中に多くアスペルガー症候群の人が混ざっている気がします。

サイコパスアスペルガーが本当に違うのなら、これは間違った見方だと言う事になります。

逆に将来において、違うと言う方が間違いだと言う事になるかもしれません。

この事は、この本の著者の経験を見て思った事です。

つまり共感力が無くて他人の痛みが分からいのか? 自分が痛くないから他人も痛くないと思っているのか? は分からないと言う事です。

 

私の昔の話です。子供の頃親に何か食べ物の文句を言ったら「牛肉と豚肉の区別もつかないのに」と言われました。

確かにそうですが「これは味覚が弱いのに」と言われたのだと思います。

しかしただこれは牛肉だと思い牛肉を食べ、豚肉だと思い豚肉を食べた事が無いだけでした。つまり知識が無いのです。味覚が無いのではない。

しかし他人からしたら、一見これの区別はつかないですよね?

 

アスペルガーの人は他人の嫌味や怒り悲しみが読み取れない。

だから悲しんでいるとは分からない。

だから冷たく言っても、それで悲しんでいる、傷ついている、と思えない。

だから冷たい物言いを言う。のかも知れないと言う事です。

この著者は自分が一時期他人の言外の言葉が読み取れるようになり、言葉使いにより人が悲しんだり喜んだりする事が分かった。

だからその能力が無くなった後でも「この言い方だと人は悲しむな」と理解して、そのような態度を改めたのだと思います。

だから共感力がそもそもないのか? 

共感力はあるのだが、自分が痛くないから他人が痛いのが分からないのか? はどちらか分からないと言う事です。

だから共感力が無いサイコパスの人も、ただアスペルガーの人の様に、置かれた状態から感情を感じる能力が無いだけかもしれないと言う事です。

 

人により状態が違うのかもしれませんけど、この著者のアスペルガーの状態の事です。

何かと、それと同じ物、もしくは似た物のとを繋げる能力の欠如かな? と思います。

しかしこの著者で言うと「その状態から思い出される感情」の欠如が大きな問題だったのだと思いました。

来た事もないに、何か懐かしい気がする田舎、等の事です。

これは「この状況は危険だ」と言うのを伝えるのに、言葉も無かった頃の人類にとったら大事だった事でしょう。高い所から落ちた事があれば、また落ちて怪我をしない様に、高い所にいると出て来る「恐怖心」が必要だった事でしょう。

その時の状況と、その時の感情をセットで覚えておいて、同じ状況の時に同じ感情が出て来るようになってるのだと思います。

これは概ね利益を呼ぶ事でしょう。しかしたまには違います。

戦争で恐怖から戦えなかったら負けて死んでしまいます。

恐怖で動物をさばけなかったら、肉は食えません。

不安だが、食料が無いこの土地から離れて、山を越えなければ死んでしまう事もあった事でしょう(超えた向こうに食料があるかは運ですが)。

などの、恐怖心がなく冷静でいられる人が必要な時があるのです。

 

この著者は人の顔も判断が出来ませんでした。アスペルガーには多いそうです。

これも何かと何かの繋がりが、自然と出来るようになって無いのだと思います。

人の顔御見て誰か分かるのに理性は無い。ただ分かるのです。

これは漢字を見て何か読めるのと同じです。だから文字を読めない人もスペクトラム障害の人にいますね。

日本は漢字があるので分かりやすいと思います。パッと見て何か読めても、ジーっと見てると違う漢字と間違えてる気になったりしませんか? それにいつも書いてた漢字なのに、ど忘れもあるはずです。これに理由は無いですね、分からないのは、ただ分からないのです。

この知ってた漢字を急に忘れるのは人には良くあります。それが強くなったと思えば字が読めない人の気持も少しは分かると思います。

そしてそれと同じだと思えば、人の顔が分からないのも分かりませんかね?

さらにそれが感情になると、この著者の様になるのでしょう。

 

脳の遠くの何処かに電気が行って繋がり、始めて何が何なのかと分かるのでしょう。

しかし、さっきも言った様に、それが何所かに行かなくなるが、その分他の所に多く電気が行くので、その辺はとても能力を発揮するのがアスペルガーの事でしょう。

では逆はどうなのか?

電気が脳の遠くまで行き、似てる何かを思い出させる。それは良いけど、注意力が散漫になりやすい気がします。それに飽きやすい。アスペルガーと違い、面白くて集中してたものでも飽きやすいのです。

何かから何かを見付けるの能力は大事だった事でしょう。草むらからこっちを除いている顔を見付ける。それが人であっても動物であっても見付けないと危険だった事でしょう。

しかし間違う事もある。木の影が人の顔に見える時がある。それが強く、気の葉っぱ中が人の顔いっぱいに見えたらどうなるのか? たぶん邪魔でしょう。

気持もそうです。人の心が分かるのは良いが、それが強いといつも急に泣き始める情緒不安定な人になる事でしょう。

つまり、何かと何かを繋げる能力と言うのも、ほどほどじゃないとよろしくないと言う事です。

この著者も、アスペルガーが少しの間治っても、良い事ばかりでは無かったと言っています。知らなければ良かった事もあると言う事です。

 

何年か前に、鈍感力と言う言葉が少しはやりましたね。

鈍感なのも一つの力ですね。

敏感過ぎるのはアレルギー体質の様なものです。なんでもほどほどが良い。

アスペルガーもアレルギーも、真ん中よりはずれ偏ったと言う量の問題なのです。

ただ大きく偏った時には病気と診断されると言う事です。アレルギー体質も大きすぎると生存自体が怪しくなりますからね。

パラメーターがあり、それは無段階なグラデーションの様に広がっている。

そのどこなのか? と言う問題です。

そして真ん中位が普通は良いけど、少し位なら偏っても良いし、少し偏っているが特化している人も群れる人類には貢献があると言う事です。

 

人は助け合って生きて行けるので、ある程度なら偏ってるのも、補っていけるはずです。

だけど双方が相手の違いを分からないと、ぶつかりあり良くないでのです。

双方が双方の事を理解する事が必要です。

普通の人もアスペルガーの人もいるのを知ってくべきです。一見普通に見えるからこそ気にしないと分からないからです。

逆もそうで、アスペルガーの人もこの著者の様に、一回でも機械の力でも使い普通の感覚を知る事は良い事だと思います。それで相手の事が分かるからです。

TSMと言う機械もそうですし、その後にも機械ややり方が進歩してるようです。

それはそれでいい事ですが、一般人はまず出来る事から始めるしかない。

「相手を理解しようとする」そこから始めるべきです。

人の気持は聴こえません。

聞こえたのは「あの人は悲しんでいると思う」と言う自分の声なのです。